10月のサンプルワーク

ちょっとこだわった

「エビチリ」

作ってみませんか?

チューニャンはエビチリに定番の調味料です。
有名な中華の料理人のレシピにも掲載されており、様々なお店で使われています。
チューニャンを添加することで砂糖とは異なるコクのある甘さと旨味を演出することができます。
また唐辛子の辛さや風味を引き出したり、嫌な酢角を取り、全体をまとめる効果があります。

エビのチリソース煮(3~4人前)

エビチリのタレ 配合(比較品)
原料名 g %
りんご酢 52 20.5
炒め玉ねぎ 40 15.8
蜂蜜 24 9.5
上白糖 20 7.9
ガラスープ顆粒 18 7.1
トマトピューレ 16 6.3
すりニンニク 6.4 2.5
加工澱粉 4.8 1.9
豆板醤 4.4 1.7
すり生姜 2.0 0.8
1.2 0.5
60 23.6
チューニャン 5 2.0
具材
材料名
大ぶりの海老
(大正エビ、ブラックタイガー等)
20匹

※コントロールは、チューニャンを砂糖で置き換えてあります。(甘味度、水分量は合わせています。)
チューニャンの甘味度は、砂糖の4分の1です。

りんご酢を多く使う事で風味豊かな味に仕上げてみました。もう少しこだわりを入れるならば焼き豆板醤を使用すると、より一層の調理感と美味しさを演出できます。
中華の世界で、エビチリと言えば、チューニャンという程有名な調味料です。
エビチリにチューニャンを入れることで、美味しさの演出はもちろんのこと、謳い文句・物語になるとても面白い調味料だと思います。
是非、こだわりのエビチリをお試し下さい。

ご興味のある方は、下記よりご連絡下さい。
 TEL:03-3875-8711
 E-Mail:info@kakko.co.jp